COLUMN of 平塚デッサン塾サイト



HOME > COLUMN

Column デッサンの話

鉛筆デッサンについて様々なことを以前からのブログに書いています
平塚デッサン塾ブログ←こちらもお読みください

デッサンとは(1)

デッサンとは(1)

デッサン上達法shapeimage_1.jpg
このようなタイトルをつけると、すぐにラクに、デッサンがうまくなる方法がある…とでも言うのかと思われそうですが、そういう主旨ではありません。しかし、効果的なトレーニングの方法はあると思っています。それには、トレーニングの目的を良く理解することも大切です。

まず、鉛筆デッサンは、鉛筆の使い方のトレーニングではありません。鉛筆で描くテクニックを覚えるためのトレーニングではありません。長い年月、数多くのデッサンを描き続けていれば、自然に鉛筆の使い方はうまくなり、それなりのhow toも覚えられるだろうと思いますが、それがデッサンの目的ではありません。このように描けばこのように見える、こういう場合はこう描けば良い…そういうことをいくらたくさん覚えても、それだけでは良いデッサンは描けないし、デッサン力が身についたことにはなりません。

もし鉛筆の技術を上達させるのが目的であれば、デッサンの応用範囲は限られたモノになってしまいます。何故デッサンが、色々なアートの基本と言われるのかを考えれば、必ずしも鉛筆のテクニックとは関係のないものであることがわかると思いますし、こう描けばこう見えるということを覚えるだけなら、実際にモチーフを見ながら、かたちを測ったり観察したりする以外に、もっと効果的な方法がありそうです。

それではデッサンは何を目的としているのか…

(本来の、広い意味でのデッサンとは、作家が自分の作品のための資料として、また、エスキースやアイデアスケッチ的な意味で描くもの等も含まれると思いますが、ここでは狭い意味のデッサン、つまり色々なジャンルの表現や造形などのための基礎トレーニングとして行なわれるデッサンについて書いています…)

デッサンで磨かれるのは、観察力(物の見方)そしてイメージを具体化する力、そのような、表現の基礎となる、自分の内側で行なわれる作業を強化する力…であると思います。テクニックは、その後から付いてくるのです。


デッサンでは結果として出来上がる作品よりも、そのプロセスに重要性があります。
デッサンを制作していく内に、それまで見過ごしていたものが見えるようになること、見えなかったものが見えるようになること…これがデッサンの目的と言えます。


そのためには、見えるものを見えたとおりに紙の上に表わそうとして自分がどんなものを描いているのか、それが本当に見えるとおりなのか、見る(モチーフ及び自分の画面を…)というインプットと、描くというアウトプットのサークルを回す事が大切です。

このサークルを回す内に、それまで自分は、ものを見ているつもりで、実はそのものの存在を認識した時点で頭の中にある観念と無意識にすり替えていた事に気づかされます。
そして実際に視覚が捉えている映像には、認識のフィルターにより、削除されていた情報が数多くあったことがわかってきます。

このフィルターは、各個人により微妙に違うものであるかもしれません。
ですからフィルターを外したものを表現しなければ、他人には正しく伝わらない可能性もあるのではないかと考えられます。

これに気づかないまま、自分と同じフィルターを持つ人にしか伝わらない表現しかできないか、それらのフィルターを外した状態を知った上で、敢えて意識的にフィルターをかけた表現をするのか、この違いは大きいのではないでしょうか。


このことをしっかりと意識して、デッサンでは、とにかくモチーフをよく見る、見えるものを見えるとおりに描く事に徹する、そしてモチーフと自分の画面とを見比べる、違うところを探し出して直す、更に観察する、見えるものをもっと探す、描く、見比べる、直す、描く…この繰り返しです。
どう描けばどう見えるかなど考える必要はありません。

目の前のモチーフが、どうなっているのかを観察し、そのとおりに描けば良いだけです。モチーフと同じように見えないのは、何かが違っているからです。どこが違うのかを、一つでも二つでも、見つけ出しそれを描くだけです。

このようなデッサンをしていれば、どういうところを観察すると、重要な調子がみつかりやすいかとか、かたちを捉えるポイントはどこかとか、自分はどういうところを見落としやすいのか等々、観察のポイントというべきものがわかってきます。

これが、【上達】への道です。

汚れなくきれいに整って仕上がった作品が必ずしも良いデッサンではありません。
始めの計画通り順調に、どこも直すことなく仕上がることが理想的とは言えません。
むしろ、始めには見えなかった変化を発見し、形の狂いに気がつき、それらを直し、描き込んで行けば、予想外の線や調子が入って【きれい】とは言えない仕上がりになってしまったとしても、その画面からは、存在感や迫力などが伝わり、自然な空間が感じられる作品となっているかもしれません。
それがデッサンでは重要なのです。


デッサン用具(1)

鉛筆デッサンの用具(1)

鉛筆、練りゴム、ナイフ、画用紙
一般的に言うデッサンは、大きく分けると、木炭を使用する木炭デッサンと、鉛筆デッサンがあります。
平塚デッサン塾では鉛筆デッサンを行っていますので、ここでは鉛筆デッサンの用具について説明します。

●鉛筆
まず鉛筆ですが、デッサン用の鉛筆は、画材店で扱っている、硬度(H、F、HB、B…)の幅のあるものを使います。平塚デッサン塾では、2H~6Bまでを一本ずつ用意していただきます。

チャコールペンシルとかコンテペンシルなどは鉛筆型の木炭やコンテで、鉛筆とは違いますので間違えないようご注意ください。

鉛筆は多くのメーカーから出ていますが、(ステッドラー・三菱ハイユニ・ファーバーカステルなど)メーカーによってそれぞれ少しずつ違いがあります。硬度についても、例えば同じ2Bでもメーカーによって硬さが違いますし、色合いにも微妙な違いがあります。色合いは、一本の線を引いただけではわかりにくいですが、描き込んだ作品を比べてみると、青っぽいとか茶色っぽいとかいう違いがあります。
これらの違いは、どれが良い悪いと言うことではなく、描く人の好みにより、なんとなく描きやすいとか描きにくいというような「感じ」が出てくるものです。どれを選ぶかはそれほど深く考えなくても良いと思いますが、硬度の使い分けを身につけるために、はじめは同じメーカーの製品で2H~6Bを一本ずつ揃えてください。

●練りゴム
練りゴムは、このような鉛筆を置いている画材店なら扱っているはずです。
これもいくつかのメーカーから出ていて、それぞれ特徴があるようですが、練りゴムは鉛筆よりも消耗が早いので、気になるようなら何種類か試すつもりで、あまりこだわらずにまず使い慣れるようにしましょう。
デッサンでの練りゴムは、描いたものを「消す」為の道具ではなく、白い線を描き加える、白い調子を作るための画材…と考えて使いますので、プラスチック製の四角い消しゴムでは代用できません。練りゴムテクニックも重要になってきますので忘れずに用意してください。

●カッターナイフ
デッサンでは文字を書く場合に比べて短時間にかなり多くの線を描くことになるので、鉛筆の削り方も、文字を書くときとは少し変えて、芯を長めに出すように削ります。そのために、ナイフを使って好みの削り方をします。手頃なカッターナイフで構いませんので鉛筆と一緒に用意してください。

●画用紙
次に画用紙についてです。

鉛筆デッサンは線を重ねて描き込むので、ある程度の厚さのある用紙でないと、描き込むに従って用紙が伸びてきたり、毛羽立ったり、逆につるつるになって線が乗りにくくなったりしてしまいますが、高価な厚手の水彩紙では、用紙表面の凹凸が粗いため細かいタッチが使いにくかったり、スケッチブックの場合特に用紙の弾力が大きすぎるために鉛筆の調子(色面)が出にくい事もあります。
経験を積んで、自分なりに色々な表現を試す段階になれば、画用紙も色々なものを使い分けてみると良いと思いますが、最初の段階では、用紙表面の凹凸が比較的細かく(細目)、厚口~中厚口の画用紙が適当ということになります。シリウス紙、M画用紙などが、価格も手頃で適当だと思います。

スケッチブックですと用紙の種類は限られてしまいますが、用紙を木製パネルに水貼りして使えば色々な用紙の様々な感触を試すことができます。
スケッチブックで描くのと比べ、パネルに水貼りした用紙は、描き込みを重ねても伸びてしまう等の変化が少なく、用紙のテンションにより適度な抵抗感が得られるので細かいタッチの変化も表現しやすくなります。大きなサイズで長時間かけて描く場合ほど、この違いが大きく出てきますので、基本が身についてきたら、パネルに画用紙を水貼りして制作すると良いでしょう。

木炭デッサンではカルトンに用紙をクリップで止めて描きますが、鉛筆は木炭より堅めで線が細いため、カルトンに止めた画用紙は少し不安定で線が乗りにくく、鉛筆の重要な技法であるタッチの変化を使いにくいので、鉛筆デッサンではカルトンはあまり使用しません。
しかし初歩の段階で大きな形のつかみ方やはかり方などを身につける際には、あまり細かい描き込みなどは必要ありませんからカルトンに紙を留めて制作しても構いません。もしお持ちのカルトンをご使用になりたい方はそれで始められても結構です。

デッサン用具(2)

鉛筆デッサンの用具(2)

はかり棒、デスケール、

●はかり棒
デッサンの制作過程では、モチーフのかたちに対する自分の思い込みや観念的な見方に気づくため、また正確な形を把握するための方法として、しばしば【はかり棒】を使って位置関係や大きさの割合などを確認します。

平塚デッサン塾では長めの鉛筆を使ってこの練習をしますので、はかり棒をわざわざ準備しなくても大丈夫です。でも、鉛筆では、太さがあるために使いづらいこともありますので、はかり方の手順がわかってきたら、専用の【はかり棒】を用意すると、もっと見やすくなるかもしれません。

【はかり棒】は、商品として画材店でも販売されています。近頃の市販品には、目盛りのついた太めの金属棒と針金状の細い棒が二本セットになって、角度も測れる凝ったものも作られていますが、はかり棒で測る作業は、精密な計測とは違いますので、棒に刻まれた細かい目盛りを見てしまうようなことは私はオススメしません。はかり棒は、単純にまっすぐな【棒】だけで、充分だと思います。

イザとなると、身のまわりになかなか適当なものがみつからないかもしれませんが、もし次のような条件に合う手頃な【棒】があれば活用してください。
下端を持って立てても撓ったりしないしっかりした素材で、できるだけ均一な太さ(1~2ミリ程度なら理想的)の、歪みのないまっすぐな【棒】であれば、なんでも構いません。長さは25~30センチ程度でしょうか。色々な角度で使いますので、あまり長いとあちこちに引っかかり使いにくいです。


●デスケール
多分【デスケール】は商品名ですが…ハガキサイズ程度のアクリル板で、マス目の入った透明な窓の周りを黒い枠が囲っている…と書けば伝わるでしょうか。
要するに、画用紙の規格サイズと同じ比率の窓が作られた枠です。
この窓の中に、画面を分割するように細いラインが入っています。
昔は、糸と厚紙などで手作りしていたものですが、現在は正確な比率で見やすく作られた製品が売られているものです。

私は、これは必ずしも必要ではなく、むしろ間違った使い方をすると、なかなか形の取り方が理解できない原因になることもあるので、注意が必要だと思っています。もちろん有効な使い方もありますので、使ってはいけないという意味ではありません。

この道具は、目の前にある空間や立体を、画用紙の中にどう納めるのか、奥行きのある3Dの世界を、2Dのシルエットに置き換えて、平面的な構図を考えるという、視点の変換作業に役立ちます。この枠を通してモチーフを見ることは、画用紙の比率の枠内にどのように納まるかのイメージを確かめる手がかりになります。

ただし、これに頼って、形を測る作業まで行おうとすると、狂いが出てきます。枠内の分割線などが、一見精密に見えるため、これを通して見える比率などを信じ切って描こうとしてしまうのは危険です。

実際は、デスケールの持ち方の違いによる、ほんの僅かの角度の違い、また、自分の目とデスケールとの位置関係の、ほんの僅かな違いによって、枠と、枠を通して見えるものとの関係はかなり大きく変化します。従って、デスケールを持ってモチーフを見る度毎に、分割線や枠線とモチーフとの関係は変化すると言っても大げさではありません。
これに気づいて目と手の位置を常に正確に保ちながら形を見ることが可能であれば、デスケールによってかたちをとることも可能と言うことになりますが、実際にはそれは非常に困難な作業であり、また、何よりも、このような方法では、自分の目で正確に比率や位置関係を見極められるようになるための適切なトレーニングにはなりにくいのです。

少し長くなりすぎましたが、このような点に注意しながら、立体を平面に置き換えて画面に納めるという視覚の変換プロセスの補助として使用するのであれば、意味のある道具のひとつだと思います。

dessanlogo.pngdessanlogo.png

神奈川県平塚市の絵画教室
平塚デッサン塾のホームページです
受験生から趣味の方まで
鉛筆デッサンを中心にしたアトリエです


メールはこちらLinkIcon